パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャーの家
磯部建設株式会社 NBホーム
TEL 0120-22-1652(水・木曜日 定休)
テクノストラクチャー工法は、パナソニック電工が開発した新しい木造住宅工法。オリジナルの複合梁と接合金具を使用し、邸別の構造計算を行うことで今までの木造住宅の良さを伸ばしながら弱点を強化しました。
30秒でわかるテクノストラクチャー

« 5ヵ月ぶりに10月の住宅展示場来場者数が減少‐住宅展示場協議会調べ | メイン

国交省が建設キャリアアップシステム、4段階のレベル分け案を提示

国土交通省は、2018年秋に運用が予定されている「建設キャリアアップシステム」の評価区分などを検討する「建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会」を開催しました。「建設キャリアアップシステム」の主となる技能者のレベル区分について、厚生労働省の職業能力評価基準・大工技能者職業能力基準(案)を参考にして、初級技能者、中堅技能者、職長・熟練技能者、登録機関技能者の4段階に分ける案が打ち出されたようだ。

 技能者の能力評価算定は、実務経験日数値や登録基幹技能講習および免許・技能講習の受講、技能検定の取得有無によって客観的に区分される。建設キャリアアップシステムに蓄積される経験日数や知識・技能資格に基づく4段階のレベル分けと、現場での働きぶりを考慮して具体的な技能者の処遇改善に役立ててもらう事を目指すようだ。

 会合では、保有資格と就労経験日数に基づいた技能者の能力レベル上昇シミュレーションが事務局より検討会で提示されたようだ。登録基幹技能講習および技能検定などの職種固有の技能有無を能力算定のベースとして、特定の危険・有害作業を行うための資格や就労経験等を考慮するモデルが提案された。

 今後、2~3回の検討会を開催して、2018年3月の中間とりまとめ提示を目指して進むようだ。

磯部建設 NB HOME 磯部建設 NB HOME
HOME  |  会社概要  |  プライバシーポリシー  |  このページのトップへ このページのトップへ
Panasonic Builders Group | パナソニックビルダーズグループ
Copyright(C)2008 磯部建設 NB HOME.All Rights Reserved.  栃木県日光市今市1525番地 0120-22-1652(代表)