パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャーの家
磯部建設株式会社 NBホーム
TEL 0120-22-1652(水・木曜日 定休)
テクノストラクチャー工法は、パナソニック電工が開発した新しい木造住宅工法。オリジナルの複合梁と接合金具を使用し、邸別の構造計算を行うことで今までの木造住宅の良さを伸ばしながら弱点を強化しました。
30秒でわかるテクノストラクチャー

« 2017年度以降の買い取り価格(経済産業省) | メイン

住宅断熱化と健康への影響調査 【※中間報告 国交省事業】

1月13日一般社団法人日本サステナブル建築協会は、住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告を行いました。それによりますと、冬期において起床時の室温が低いほど、血圧が高くなる傾向がみられ、高齢者ほど室温低下による血圧上昇が大きいことが確認されたといいます。また、断熱改修によって室温が上昇することで居住者の血圧が低下する傾向も確認されました。

 本調査で得られた1753人の有効サンプルを用いた分析の結果、冬期の朝に室温が10℃低い場合には血圧が7.3mmHg高くなり、また、年齢が10歳高齢になると8.8mmHg高くなったといいます。

 このほか、寒い家に住んでいる人は入浴事故リスクが高いとされる湯温が熱め(42℃以上)の入浴をする確率が高いこともわかりました。

※同調査は、2014年度から国土交通省の予算による「スマートウェルネス住宅等推進事業」で、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証することを目的に実施されているものです。
断熱改修を予定する全国約1800軒の住宅に住む約3600人を対象に、改修前後で居住者の血圧や身体活動量の変化などを調べました。医療・福祉系の研究者と建築系の研究者が共同で取り組んでいるものとなります。

磯部建設 NB HOME 磯部建設 NB HOME
HOME  |  会社概要  |  プライバシーポリシー  |  このページのトップへ このページのトップへ
Panasonic Builders Group | パナソニックビルダーズグループ
Copyright(C)2008 磯部建設 NB HOME.All Rights Reserved.  栃木県日光市今市1525番地 0120-22-1652(代表)